TOP>例えばストレスと光線
光線療法実践
例えばストレスと光線
ストレスと光線
ゼイン・カイム博士は日光浴は耐ストレス効果があると言っています。

心の中も原因・結果があるので、光線は生命力を沸き立たせ、体全体が生きるための前向きな方向に機能する状態になっていきます。

ストレスは「見たり、覚えたり、学んだりすることが低下し、効率も低下」し、思考の世界が狭くなってしまいます。

同じような症状としては冬だけうつになる季節性情動障害がありますが、これも日光の照射時間を増やすと解消することが認められています。

また光線は酸素吸入量を増やし、運搬力を上げ、精力、筋力を上げるので、心の状態も自然と前向きになっていきます。


よく「病気はストレスから」と言いますが、病気そのものがストレス状態とも言えます。


人間と家畜だけが病気と闘っているわけで、やはり自然に身をゆだねる努力が必要でしょう。

すべては自然がやってくれているのですから、どんなに努力しても人間が病気を治すのには限界があるのは仕方ないことです。
例えば赤ちゃん  /  例えば幼児  /  例えば子供  /  例えば高齢者  /  例えばカボチャ  /  例えばニワトリ
例えば囚人  /  例えば水  /  例えばストレス
スポンサードリンク
コメント
コメント