TOP>例えば水と光線
光線療法実践
例えば水と光線
水と光線
ニューメキシコ州のオーリ・バチェチ氏はフルスペクトル光源に手を加えたキバライトを用いて実験した。

それによると
「キバライトを水に当てると、水は人体の細胞膜周辺の水と同じ構造に変わる」としている。

ところが、がん細胞や他の不健全な細胞の中の水はこうした構造と異なる。

食物も人間も水分で出来ているので、こうしたフルスペクトルのライトや太陽光線を当てることで、健全な水に変えることが出来る、としています。

スポンサードリンク
コメント
そういえば、太陽光線が水に当たると水は分子が細かくなって「いい水」になることは知られています。
コメント