TOP>例えばカボチャと光線
光線療法実践
例えばカボチャと光線
カボチャと光線
もはや誰でも知っている通りですが、日照不足のために野菜が小さかったり、不作になったり、果物の甘味が薄かったりします。

動物同様、植物も日光不足は深刻に生命力を減じてしまうのです。

こうした研究や実験では、ジョン・オット博士が有名ですが、彼はカボチャで実験しました。

カボチャの芽は蛍光灯のもとでは充分に生長しません。

そこに紫外線を加えるとふつうに生長することを実験で確かめました。

これは動物でも実験され、数箇所の医学校や研究所でも実験されましたが、いずれも自然光のフルスペクトルのもとで飼育されたほうが寿命が格段に長い結果となっています。

*ちなみに紫外線がないと植物は光合成を出来ません。

*もちろん、人も同じです。紫外線がないとガンにかかりやすいなど、多くのデータが世界中で集計されています。
例えば赤ちゃん  /  例えば幼児  /  例えば子供  /  例えば高齢者  /  例えばカボチャ  /  例えばニワトリ
例えば囚人  /  例えば水  /  例えばストレス
スポンサードリンク
コメント
コメント