TOP>例えば幼児と光線
光線療法実践
例えば幼児と光線
幼児と光線
こんな結果が出る実験が行なわれた。

その結果とは
引っ込み思案の子が殻を破る
やんちゃな子がおとなしくなる
以前より開放的で、感受性が豊かになる
学業が向上する

そのほか、40%の子が字が上手になった。


これは視野が狭い幼児が、そのために学習能力などで劣ることの改善のために行なわれた。


どんな実験かというと
一定した周波数の光を20分間見つめる。これを週四回、六週間続ける。
この実験をした幼児はしなかった幼児に比べ
・視野の拡大が208倍
・眼の注意持続期間の増加は4倍
・視覚の記憶力は7倍

と有意な結果となった。

*なお、視野がもともと広めの幼児ほど効果は高かった。
(著書「光の医学」ジェイコブ・リバーマン)
例えば赤ちゃん  /  例えば幼児  /  例えば子供  /  例えば高齢者  /  例えばカボチャ  /  例えばニワトリ
例えば囚人  /  例えば水  /  例えばストレス
スポンサードリンク
コメント
「生まれつきこの子は・・・」ということは学業その他の性格でも決定的ではないことが証明されました。原因が変われば、立派に変わるのです。

もちろん親からの遺伝はありますが。
コメント
視野狭窄は見る速さを著しく制限する。

学習能力の劣る児童はそうでない児童に比べ一貫して視野が狭い。