TOP光線療法の体験集やニュース事例>脳
光線療法実践
このホームページは光線や光線療法がからんだところで現実に起きた事実を、そのまま記録したものです。

決してそれが光線のみによってもたらされたものなのか、それとも偶然なのか、不明です。科学的な説明はなされていません。
どうしてそうなったのかはわかっていません。


ただし、その「事実」の中には医学的に不可能とされる症状も含まれています。
ニュース
緑色光で脳を活性化ーパーキンソン病の代替治療に期待

緑色光を使って脳神経細胞の活動を活性化させることに、東北大大学院生命科学研究科の八尾寛教授(脳機能解析学)らの研究グループが成功した。
緑藻が持っている光を感知できる物質を改良し、遺伝子導入でマウスの脳内に組み込むことにより実現した。この技術を応用すれば、
光の照射で脳機能を回復できる可能性があるという

クラミドモナスという緑藻には光を感知する2種類のタンパク質がある。研究グループはこれらの構造を組み合わせ、脳神経細胞を活性化させるため「チャネルロドプシン・グリーンレシーバー」という物質を作り出した。新物質は緑色光に対する反応が大きく、感度や応答速度にも優れているという。
 遺伝子導入で物質をマウスの大脳皮質運動野に組み込み、周波数が変化する緑色発光ダイオード(LED)を当てて脳の様子を観察。麻酔で脳機能が低下していたにもかかわらず、光の刺激を受けると脳の神経細胞や筋は活発な動きを見せた。
 パーキンソン病の治療法の一つに、脳の特定領域に電気刺激を与える手法がある。光は頭皮を通して届くとされ、今回の技術を応用すると
外部から光を照射して脳の神経細胞に刺激を与え、治療できる可能性がある
 病気によって脳の言語中枢などの機能が落ちた場合も、投薬の副作用のない機能回復の手段として期待できる。
 八尾教授は「将来的には意識はないが脳細胞が生きているような場合、この技術を使って意識を取り戻すことができるかもしれない」と話している。
 成果は米国時間23日、米オンライン学術誌プロスワンに掲載される予定。(2010年9月24日)

くも膜下出血 
脳血栓の後遺症
脳軟化
パーキンソン病
脳梗塞(左半身不随)
脳血管障害による右半身不随
脳腫瘍

脳梗塞からの生還
パーキンソン病の途中経過
光線療法の事例
状態 実践 結果
くも膜下出血

5月7日午後4時頭の上からとてつもない重いものがのしかかってくると同時に前頭部から後頭部に激痛が走り、頭のてっぺんから腰まで板のような状態になり、吐き気の連続。

以前からの症状(手や足の知覚、顔面神経の麻痺、言語障害)がなかったため、くも膜下出血と判断し、救急車を呼ぶことを考えたが、下北半島の端という僻地なこととと病院へ行ける状態ではなかったため、即座に光線照射を始めた。
(光線機を複数持っていたので、すぐに出来た)


5月7日
*後頭部圧迫と痛みが激しいため横向きになり、7台の光線機で足裏、ひざ表裏、腹、腰、前頭部、後頭部を照射(最初の3時間はオール青カーボン、続いての3時間は緑のカーボン、その後布団に運び、前頭部、後頭部をはさんで12時間照射する)

5月8日
7台オール緑カーボンにし、12時間照射。布団に移り、頭部両面から2台、緑カーボンで12時間照射。
激痛と吐き気の連続。
血圧は178-86と下がる。

5月9日
前日と同じ照射方法。

5月10日
前日と同じ方法。
おかゆを口にするが吐く。
前頭部の痛みが軽減してくる。
トイレや室内を歩いても吐き気なし。
大きなあくびが見られなくなる。
血圧179-84

5月11日
照射方法同じ。
おかゆを食べる。
日中吐き気なし。
後頭部の激痛が軽くなり始める

5月12日
照射方法同じ。
依然として頭痛が襲う。
体重7キロ減少。
紫外線照射で頭の皮がむけ始める。
血圧188-67

5月13日
照射時間は計12時間に減らす。
起きて食事を取り始める。
顔は脱皮でボロボロ。
血圧146−69

5月14日
血圧154-82

5月15日
お風呂に入る
頭の激痛はほとんどなく、時々違和感がある程度。
腰の苦痛を訴えはじめる。(寝たきりのため)
腰に赤カーボンで照射。
顔の皮が落ちてツルツルの肌になる。

5月22日
照射時間を7台3時間に短縮。

5月24日
脳検査(右の項目参照)

5月27日
検査の結果、全くキレイに出血患部治癒、動脈瘤数箇所確認。

5月29日
照射時間を7台1時間に短縮。
初日、二日と連続48時間照射を続ける。回復の兆しが見えるような気がした。
・三日〜五日目は18時間照射。その後は眠るリズムを作るために12時間照射にペースダウンする。

5月24日の脳検査結果は、動脈瘤を数箇所確認するも異常なし。

(初日は激痛のため、息を吐くたびにうなり声をあげる。
長時間照射のため、体位交換のたびに首を動かすと激しい吐き気の繰り返しと大きなあくびを連発する。
当初の血圧は230〜210-135)
コメント
光線治療院「ひなたぼっこ」辻政弘氏が母のくも膜下出血を見事に光線療法で回復させた事例です。皮肉にも救急車がなかなか来れない僻地に住んでおられて、光線に集中できたことが不幸中の幸いだったのかも知れません。

光線治療院「ひなたぼっこ」 坪 正弘氏
状態 実践 結果
坐骨神経痛の光線照射で脳血栓の後遺症が消えた

臀部から大腿部にかけて激痛が走り、歩行もままならなくなる。
自宅にある光線機で一時間、腰に照射するが、痛みはおさまらない。
痛みだしてから4日後から光線治療院に来院。

一日3回に分けて合計135分照射。足裏、足甲、腹に緑カーボン、腰、臀部には赤カーボン。
・一日目(4月16日)は照射後も痛みで歩行困難。
二日目来院するが、すでに痛みはほとんど治まっている。
三日目痛みもなく普通に歩行。
4日目より5月14日まで90分。

坐骨神経痛は完全に治まった。
その後も自宅で継続。

脳血栓の後遺症が治る

数年前に脳血栓で入院してから膝から足先にかけて冷えが激しく、夏でも靴下2枚を着用し、、寝るときは電気マットを離すことが出来ない状態だったが、その冷え性が消え、足はポカポカ。眠りも深く、力の入らなかった手もしっかり力が入るようになった。
コメント
光線照射で目的以外の思いがけない成果を受けることがあります。上もそういった事例です。

仙台光線治療院「サンフォートピア」事例 佐藤 良勝氏
状態 実践 結果
脳軟化

主人の運転する車に乗っている時、急に左方向に寄ってしまったので「危ない!」と叫ぶ。
主人に聞くと急に目がよく見えなくなったと言う。

翌日眼科を受診。「目の中央から出血している」と言われる。大きい病院への紹介状を書いてくれる。

その翌日
主人は自分のした大便をさすっているのを目撃。
次の日病院で検査。そこで脳のレントゲン写真を見せてくれて、「多発性脳軟化症」と診断される。

ボケに有効ということで知っていた光線を思い出し、光線療法士の二谷先生の指導のもと、
足先から脳まで6台の器械で一時間照射。
三日目から主人の変な行動はなくなり、脳が蘇っているようだった。

そして1年3ヶ月経ったが、何事もない。光線照射は毎日続けている。
コメント
脳の病気はこわいです。光線が一役買えるとなれば非常に大きなことだと思います。


共栄器材株式会社 太陽光線治療院 二谷氏
状態 実践 結果
パーキンソン病

10年前よりパーキンソン病に悩まされ、3年前から薬を飲んでいる。病気はだんだん進行している。

症状
@頭は他人の頭のようだ
A「ざる」のようなものが頭に乗っかっている感じ。
B無表情
C足は丸太棒のように硬い
Dベットに横になっても自分の身体を動かすことが出来ないで、そのままの姿勢のため、腰が痛くて体がだるい。左側の腰にコブのように硬いシコリがある。
Eひざを曲げることが出来ない
F夜足がつる
G入浴も歩行も困難

5台の光線機で、集光器を使って局所照射を行なう。
緑のカーボンで一台を頭頂部、一台を後頭部、一台をお腹、一台を足裏。
赤のカーボンで腰に一台。
途中からひざ前後に光線機を移動。

週に三日は目に赤と黄色のカーボンで30分照射。
一ヶ月を過ぎたころから
足のふくらはぎが柔らかくなってきました。

・二ヶ月を過ぎたころから
頭が軽くなり、「ざる」をかぶったような感覚もなくなる。
夜はぐっすり眠れるようになる。
足はポカポカで体が温かい。気分がかなり良いとのこと。
ベットの上での動きもスムーズになる。
足のこむらがえりもなくなる。
足首も少し細くなってきた。
目の表情が改善されてきた。


・三ヶ月を過ぎて
ひざも曲がるようになる。
温泉にも行けるようになる。
洋式トイレが使えなかったのが、今は和式まで使える。
歩き方、足運びも快調。


自宅でも2台購入して行いはじめる。
途中経過の事例です。パーキンソン病が治ったとお医者さんに言われる段階ではなさそうですが、これだけの改善でも地獄から天国の差だと思います。改善していることは一目瞭然です。


事例紹介 宮城県仙台市の女性  *一般の方(ご自分の自宅にある5台の光線機で昔から家族が恩恵を受けて生活されているようです。お仕事でもないのに、すばらしい人助けをされています。)
状態 実践 結果
脳梗塞(左半身不随)75歳男性

平成元年12月 救急車 古川市立病院  左半身不随の脳梗塞と診断

一ヶ月後より訓練室でリハビリスタート
 *状態は悪く、イスに腰掛けても左に転ぶ状態。痛みも激しい。

四ヶ月後に杖をもって歩けるようになり退院
退院後光線療法全身照射  毎日90分 1週間経って、リハビリがスムーズになってきて病院の人たちを驚かす

2階にひとりで上がれるようになる

 さらに毎日1km散歩できるようになり、杖を持たずに200m歩く

  担当のお医者さんも検査で「別状なし」と不思議そうに答えるまでになる
事例紹介  仙台市 光線治療院
状態 実践 結果
脳血管障害による右半身不随  59歳男性

半身不随言語障害
 手術後、危篤状態3週間  
 呼吸困難でのどを切開
 3ヶ月後リハビリ病院に移るが、ベットに寝たきり。尾てい骨が見えるほどの10cmの床ずれ
 食事は飲み込めないので、カテ食を鼻から点滴にて流す
 頭の状態が悪化し手術。回復せず自宅に戻る。
自宅に戻ってから光線照射一日4時間。



それでもさらに光線照射継続
半年間続けても変わらず。逆に床ずれは血が吹き出してくる。


2ヵ月後になって、床ずれの傷口に新しい肉が盛り上がってくる

その後は回復が目立つようになってくる
 食べ物を口から食べれるようになり、自分の手で食べられる。新聞も読める。

 そして光線照射を始めて10ヶ月後、寝たきりから半身を起こすまでに回復。

 食事はひとりで食べられ、床ずれも完治。

  体重も回復し、55キロ。

  病院から出る十何種類の薬もやめ、風邪も引かないほど丈夫になっている。
事例紹介  仙台市 光線治療院
状態 実践 結果
脳腫瘍

数ヶ月前から頭痛や左の手足が重く感じる。がんセンターの診断の結果は「脳腫瘍

仕事の都合で入院できないため、兄の勧めでY先生に相談。
「手術が出来ないなら光線は試すべきだと思う」とのことで、開始した光線機2台購入。

照射箇所は足の裏、後頭部、顔。
開始から6ヶ月めの検診で「少し小さくなっています。薬が効いているようです」とのこと。薬は飲んでいなかったので、光線の効果と判断。

さらに1年半後の検診で、主治医から「腫瘍が見当たりません」と診断をもらった。
事例紹介  横山光線治療院
状態 実践 結果
脳梗塞からの生還

数十年前に交通事故で腰椎と腸骨を傷害し、9年前に脳梗塞から右半身麻痺の障害を負った

平成16年12月光線治療院と出会う。光線療法の効果に期待して光線機3台購入。この時にはしびれ、痛みから動くこともままならず、寝たきり寸前の状態だった。

そんな中、4月15日深夜に転倒し、胸部打撲。すぐに光線照射したことで、内出血は3日ほどで消失。
また4月28日には痛みも腕肩の稼動も健常な状態になった。
また黄疸や四肢の浮腫、しびれも消失し、過去から引きずっていた症状が次々に消える。


奥さんと旅行に出かけるまでになる。

10月16日の朝、寝ている間に手足を激しく動かしたあと、突然立ち上がり、コタツに激しく倒れこむ。
そのまま意識がなくなり、手足も全く力が入らない状態。
奥さんが光線照射の部屋までかつぎ込み、足裏と、頭両方からはさんで照射を開始。

治療院の先生の指導のもと、24時間寝ないで照射継続することになった。

昏睡が続く。

翌朝17日朝目を覚まし、お腹が空いていたため食事を取り、トイレも自分で立って行った。


前回脳梗塞で倒れた時よりも今回は強い症状だったが、前回病院で点滴をしている間に症状が悪化していったのに対し、今回はただ光線をかけていただけなのに、元気に回復してしまった、と奥さんも驚く。
事例紹介  青森県  「ひなたぼっこ」  坪 正弘氏
状態 実践 結果
パーキンソン病の途中経過

平成17年2月に歩行に違和感があり、病院で診察。結果は「パーキンソン病」の診断

医師から「パーキンソン病は治療が難しいので、病気と付き合っていくしかない」と説明を受け、ショックを感じる。

その後少しずつ進行し、7ヶ月目より歩行が困難になってくる。足が上がらず両足が重く、、つまずくようになる。
歩幅が20cmぐらいしかなく、前かがみの体勢で歩く。
また1年前の交通事故の後遺症からか胸が痛い。

ダンナが以前に肝機能を患い、余命数年と言われて、光線療法で助かったことがあったので光線治療に頼ろうと考えた。
平成17年11月4日から毎日光線治療に専念する。
当面の症状(足の重さ、胸の痛み)に合わせて照射部位を決める。
足裏・ひざ・腹・頚椎

症状が緩和したので、あらたな照射部位に当てる。
足裏・足首・足甲・ひざ・腹・腰・後頭部・頭頂
光線照射をはじめてからも、「両足の重い感じ」や歩行困難がしばらく続く。

35日目ぐらいから「足が重い」という口癖が消えた。歩幅が大きくなり、足も上がるようになってきている。
また車の乗り降りも早くなってきた。

靴を履く時、イスに腰掛けないと履けなかったのが、立ったまま履けるようになってきた。

交通事故の後遺症はほとんど消えていた。


現在光線機を購入して自宅と治療院で継続している。

まだ途中経過だが、いろいろな症状が良くなってきている。