TOP光線療法の体験集やニュース事例>ガン・腫瘍
光線療法実践
このホームページは光線や光線療法がからんだところで現実に起きた事実を、そのまま記録したものです。

決してそれが光線のみによってもたらされたものなのか、それとも偶然なのか、不明です。科学的な説明はなされていません。
どうしてそうなったのかはわかっていません。


ただし、その「事実」の中には医学的に不可能とされる症状も含まれています。
ニュース
<がん細胞>近赤外光で破壊 マウスで成功 米チーム

体の外から光を当ててマウス体内のがん細胞を破壊する実験に、米国立衛生研究所の研究チームが成功し、6日発行の科学誌「ネイチャーメディシン」(電子版)に発表した。正常な細胞は傷つけず、効率的にがん細胞だけを破壊できる治療法として、数年以内の臨床応用を目指すとしている。【永山悦子】

 チームは、主にがん細胞に存在するたんぱく質と結びつく性質を持った「抗体」に注目。この抗体に、近赤外光の特定の波長(0.7マイクロメートル)で発熱する化学物質を取り付け、悪性度の高いがんを移植したマウスに注射した。

 その後、がんがある部位に体外から近赤外光を15〜30分間当てた。計8回の照射で、がん細胞の細胞膜が破壊され、10匹中8匹でがんが消失、再発もなかった。一方、抗体注射と照射のどちらかだけを施したマウスや何もしなかったマウスは、すべてが3週間以内にがんで死んだ。複数の種類のがんで同様の効果を確認。注射された抗体ががん細胞と結びつき、照射によって化学物質が発する熱で衝撃波が発生、がん細胞だけを壊したと結論づけた。

 がんに対する光治療には、今回と波長の異なる光を当てる方法があるが、やけどをしたり、光を受け止める物質ががん細胞以外にも結びついたりするなど、健康な細胞への影響が避けられなかった。

 近赤外光を使う新しい方法では、抗体がわずかに正常細胞に結びついても、光の強さを調節することでがん細胞だけ破壊できる。また、光自体が無害なため繰り返し照射でき、体表から5〜10センチ程度の深さまで届くという。

 チームの小林久隆主任研究員は「抗体は、肺、乳、前立腺、大腸、卵巣、白血病、悪性リンパ腫などさまざまながんに使えるものが承認されており、数年以内に臨床応用を実現させたい。がん細胞が血中を移動する転移がんでも、それに結びつく抗体が見つかれば応用できる」と話す。

ガン・腫瘍
口内の良性の腫瘍
ガン治療後の後遺症
末期すい臓がん
肺がん
乳がん手術後
尿道がん
胃の腫瘍三つ
胃に悪性腫瘍
乳がん
卵巣腫瘍
脳腫瘍

脳腫瘍
前立腺ガン
光線療法ガン・腫瘍の事例
状態 実践 結果
口内の良性の腫瘍

2年前から口の中にあった盛り上がりが大きくなる。
上あごに半球状で1cm。
入れ歯が入れられなくなる。

重厚な手術をすすめられる。
患部の摘出。骨を削り、皮膚を移植する手術

年齢77歳であったこともあり手術せず。
光線療法をはじめる。(8月16日)
照射開始後、食欲回復。
10日ほどすると、汗をかき、疲労感。

9月24日朝目覚めると、口の中がドロドロの液状。患部が破れてへっこんだ状態に
10月17日弘前大学付属病院で検査。治癒が進んでいたので、軽い手術に変更して提案を受ける。
10月19日に入院したとき、さらに改善していた。
10月25日軽い手術。ほとんどメスを入れないで終了。
退院後、光線照射を続け、お正月には陥没していた患部も周辺と同じになり平らになった
コメント
状態 実践 結果
ガン治療後の後遺症

平成3年大腸がん
腸の癒着。術後人工肛門ストマー使用。
平成4年5月25日身体障害四級認定を受ける。
退院後歩行困難。立つことも困難
3年間抗がん剤。
平成12年車椅子を買ったが使用嫌がる。
横になるとトイレに行きたくなり、体を起こしていると尿が出にくくなりむくむ
平成12年6月光線照射はじめる。
平成13年3月までの使用カーボン20箱ぐらい。
(一箱10本でおよそ15時間ぐらい)
改善内容
・左足親指の巻き爪が治った
・ひざ下のしびれが緩和
・足のむくみが取れ、足が暖かくなる。
・足の指が自分の意志で動かせるようになる。
・ほんの少しだが、手を離して立っていられる。
・右足の自由が効くようになって入浴が楽になった
・2階にあがれるようになった。
・腸の具合が良くなり、便秘が少なくなった。
・赤い発疹が出た。
・尾てい骨の痛みが取れて、あおむけになれるようになった。
・夜中にトイレに行くことが少なくなってきた。
コメント
完治しているわけではない事例ですが、精神的に大きな改善であることは間違いなさそうです。
状態 実践 結果
末期すい臓がん

あと3ヶ月と医者から診断された。(平成12年9月上旬)
体重が10キロ痩せた。本人は悪性なのを知らない。
歩行も困難になった。
自宅療養でも良いと言われ帰宅。
9月なかばから光線照射をはじめる。
毎日全身照射(4台で30分)
一台光線機を購入して、自宅でも部分照射。
・効果がしだいにあらわれ、血色が良くなり、身体もしっかりしてきて、12月の後半から職場復帰して半日は勤務できるようになる。
平成13年1月現在元気に仕事をしている
コメント
この事例は完治の確認は取れていない段階です。その後どうなったのか残念ながら確認が取れません。
ただ、あと3ヶ月の末期のすい臓がんの場合、一時的にでも仕事に復帰するくらいの回復というものは、よくあるケースなのでしょうか?
この方は歩行が困難になっていたのですが、仕事に通い、仕事をするまでになっています。

この一連の流れが光線照射によって起きたのかは不明ですが、どういった現象で回復(一時的だとしても)したのでしょうか?興味あるところです。
状態 実践 結果
肺がん

平成11年(1999年)に子宮がんのために全摘出手術。その後乳がんが発症。左右とも摘出。

平成13年(2001年)10月に知人の紹介で光線療法を始める。すでにガンが右肺にも転移していた。(1cm)

せきや痰が出て眠ることも出来なかったが、三度も抗がん剤の苦しみを味わいたくないとのことで抗がん剤を今回は一切拒否した。
娘さんの強い要望で丸山ワクチンだけを続けている。
・全身照射
2回目が済んだ夜にせきや痰がおさまり、安眠。これで希望と期待がふくらむ。
自宅に光線機を購入して照射し、週2回のペースで治療院に行く。

平成14年4月の検査で半年前の検査で発見された1cm四方の大きさと変わらず拡がっていないことがわかった。

平成15年5月の検診で、肺に1cmの型は残っているものの、CT,血液検査にはあらわれず、肺にガンはなく完治との診断を受ける
コメント
事例紹介 長野県 めぐみ光線治療院
状態 実践 結果
乳がん手術後

貧血、薬の副作用→光線治療→乳がん→手術→光線治療


貧血で何年も薬の副作用で悩んでいた。

平成11年(1999年)9月30日はじめて光線照射を体験する。スタートを切って間もなくの10月8日胸部に異常を感じ、病院でレントゲン撮影。

2ヵ月後の12月25日精密検査の必要ありと連絡を受け、28日大学病院。乳がんと診断される

平成12年(2000年)1月11日入院。18日に手術。左手のリンパ節の全摘出され左乳房は温存でしたが、鉄板のように硬く、手は上がらない状態

金、土、日の週末は帰宅し光線治療院へ。
左手にリンパ液と血液を流す管を入れたまま光線をかけた。

管を押さえてるガーゼが絞るほどに濡れる。そしてリンパ液が出なくなった。
・その後、病院での回診の時、主治医と一緒にいた医大生が「○○さんはすごく治りが早いけど何故だ、普通なら管が外れるまで、二週間はかかるんだが、一週間も早いと主治医たちが言ってましたが、何か別の治療をしてますか?」と聞かれ、太陽光線の話をしたところ、図書館で調べたようで、「太陽光線は外国では取り入れられている良い治療ですので、頑張って続けてください」と励まされた。

その後も光線照射を続けて、現在5年が過ぎている。風邪も引かず、疲れもなく元気に生活している。
上の事例では彼女が医療関係者の身内が多いため、手術をしたうえでの光線療法です。手術前後の光線照射による事例です。


事例紹介  「共栄器材株式会社 太陽光線治療院」 二谷氏
状態 実践 結果
尿道がん

尿道がんと診断ー「尿道がんなので、男性自身をカットしなければ、全身にがんが転移するので、2年の命です。したがって、切除手術を早急にすることを勧めます」と言われ、目の前が真っ暗に。

死を覚悟して故郷の秋田に帰った。そこで光線療法を知り、藁をもすがる気持ちで光線療法をスタート。
毎日2時間、3時間と必死に照射 小便するときの激痛がしだいに減り、光線照射を始めて6ヶ月後にがんは完全になくなった。
状態 実践 結果
胃の腫瘍三つ  48歳男性


以前から胃の調子が良くないので、寒河江市の成人病センターで精密検査
診断結果「胃の中に大豆大の三つの腫瘍

医師からはすぐに切除するように言われた。本人は仕事で入院する時間がなく、「薬で治す方法はないか?」と尋ねたところ、「三つもあるので薬だけでは無理」と言われた。

その時思い出したのが、山形で光線治療をしている鈴木先生が「自分の兄の食道に出来たガンが光線で良くなった」という話。「食べ物を飲み込むとき喉にひっかかる感じがし、熱いものは沁みる状態」というのが本人と同じ。
鈴木先生の兄は光線機2台で一日8時間照射→2週間後には喉のつっかえを感じなくなった、とのこと。
そこで光線照射開始
光線機2台購入し、腹と腰、足の裏と膝に一日2時間照射。
2週間目からなんとなく体調が良くなってきた
それから2ヶ月間、照射し続ける

仕事の都合で早くに結果のわかる宇都宮のT病院で検査。

医師はけげんな表情で問いかけてきました。
胃の中は大変きれいですよ。どうなさったのですか?
事例紹介 山形市 光線治療院 鈴木氏 
状態 実践 結果
胃に悪性腫瘍  56歳男性

胃カメラの結果「タコ足ポリープがあります。大分悪いので、すぐに手術しましょう」

年末にかけて、お客さんを招いての宴会がたてこんでいる時期でもあり、それらが一段落した
12月末に精密検査を行うことにした。
検査までの間に、心配した妻と妻の兄夫婦に誘われて、仙台市の光線治療院を訪れ、光線照射を受けた。最初は「光線で病気が治るなら医者はいらない」と全く信用していなかった。あくまで義理で受けた。



ところが帰りの食事がおいしかったので、手ごたえらしいものを感じ、6回ほど照射した。
12月末に病院で検査したときに「ポリープがなくなっています。一体どうしたんだろう?」と医師はビックリしていた。本人も胃カメラのモニターを見て、その効果に驚いた。

さっそく、光線機を購入して照射を続けるようになった。

風邪も引かなくなった。

いまでは、7人兄弟全員が光線機を購入し、光線照射を続けている。姉も膀胱腫瘍に光線で効果を上げている。
姑も病気がちだったのが、健康になった。
事例紹介 仙台市  仙台光線治療院
状態 実践 結果
乳がん

平成8年光線機を購入し、家族で照射していた。

平成9年暮れに一般検診、ガン検診を受けたところ、右胸に9ミリのしこりが見つかり、すぐ病院で検査を受けるように言われる。
平成10年1月21日よりとわだ光線治療院の指導のもと、自宅にて毎日長時間光線照射
3ヵ月後病院の検査で若干の縮小が認められる。

6ヶ月めガン細胞は確認できなかった。

その後も光線照射を予防のためかけ続ける。
事例紹介 青森市 とわだ光線治療院 「ひなたぼっこ」
状態 実践 結果
卵巣腫瘍  36歳女性

不正出血が多いことで産婦人科で検査。6センチ強の腫瘍が卵巣にある。手術の必要を言われた
結婚前だったこともあり、光線療法に賭ける。

平成13年4月12日に一回目の照射。
三日目で出血が止まるが、体に異様なだるさを感じる。

七日目 生理の始まりとともに生理痛がひどく、足までしびれを感じる。

八日目 光線照射で生理痛が止まった

十日目 体の調子が良いため、再度病院で検査した結果、「腫瘍もなく、卵巣そのものの大きさも普通大に戻っている」と言われる。お医者さんも不思議そうな顔でひとりごとをつぶやいている。めでたく結婚!
驚くほどスピーディに結果が出た事例です。


事例紹介 仙台市 サンフォートピア光線療法院
状態 実践 結果
脳腫瘍

数ヶ月前から頭痛や左の手足が重く感じる。がんセンターの診断の結果は「脳腫瘍

仕事の都合で入院できないため、兄の勧めでY先生に相談。
「手術が出来ないなら光線は試すべきだと思う」とのことで、開始した光線機2台購入。

照射箇所は足の裏、後頭部、顔。
開始から6ヶ月めの検診で「少し小さくなっています。薬が効いているようです」とのこと。薬は飲んでいなかったので、光線の効果と判断。

さらに1年半後の検診で、主治医から「腫瘍が見当たりません」と診断をもらった。
事例紹介  「横山光線治療院」 横山弘庸氏
状態 実践 結果
脳腫瘍

一年前から肩こり、手の痺れ、頭痛がひどく、毎日のように整体や鍼灸に通いましたが少しも良くなりません。

病院での検査の結果「脳腫瘍」。手術が困難な場所にあるため、投薬のみの治療をしていく、とのこと。

それから3ヶ月症状はひどくなる一方。

仙台市に住む姉から光線療法の話を聞き、藁をもすがる気持ちではじめた。
光線照射。赤と黄色のカーボンで足裏と顔面に30分ずつ。後頭部に一時間以上。休日には頭部に3〜4時間照射。 光線開始から3週間ぐらいから症状が緩和してきたのを感じる。

半年もすると症状がほとんど気にならなくなり、以前よりもずっと体調が良くなった。


光線療法をはじめて1年後、再び病院を訪れて検査。
CTの写真を見ていた医師が不思議そうな顔をして「腫瘍が確認できない」とのこと。
数日後改めてMRI検査をしてみましたが、結果は同じ。



*「先の見えない毎日から一転、光線の効果を実感し、安堵の日々を過ごしています。」
事例紹介  「横山光線治療院」 横山弘庸氏
状態 実践 結果
前立腺ガン


尿の出が悪くなり、残尿感、頻尿(夜は5〜6回)に悩まされる。

検査の結果腫瘍マーカーの値も高く、エコーでも数cmの影。MRI検査で4.5cmの腫瘍が発見されました。

手術が困難であるため、投薬で治療をはじめましたが、半年経っても症状は一向に改善せず。

光線を自宅でやることにする。
赤黄色カーボンで下腹部・肛門各一時間以上照射。
尿の出が良くなってきたので、2台購入。毎日続ける。
4ヶ月後の検査で、腫瘍マーカーの値も正常。腫瘍もなくなり、医師がとても驚く。






*光線治療院の横山氏「他の同じ前立腺ガンの方も同じ改善が見られました
事例紹介  「横山光線治療院」 横山弘庸氏