TOPページ
光線療法実践
日光で皮膚がんになった日本人はどこにいるのでしょうか?

漁師はなぜ皮膚がんになっていないのでしょうか?
あなたの不調は光線不足では?
このホームページは光線や光線療法がからんだところで現実に起きた事実を、そのまま記録したものです。

決してそれが光線のみによってもたらされたものなのか、それとも偶然なのか、不明です。科学的な説明はなされていません。
どうしてそうなったのかはわかっていません。


ただし、その「事実」の中には医学的に不可能という症状も含まれています。
決して、あなたの症状が治る、とは言いません。ただ現在に至るまでには、あなたと同じ病名の人たちが大きく改善した事実が存在することも知ってください。不可能かどうかはわからないものです。
スポンサードリンク
いろいろな時代の、いろいろな実験者の残した記録です。
今日現在にいたるまでの数々の事例を是非ご覧ください!

光線療法の体験集やニュース事例

民間のカーボン光線機を使ってのいろいろな場所での改善例です。とても偶然とは思えません。同じパターンの成功例も多いのですが、ピックアップしたものです。是非ご覧ください。


直接かかわった目の前の体験・投稿

こちらは体験集を読んだものではなく、自分の目の前でいろいろな症状の人が改善した事例です。もちろん光線のみで改善したのかは他人の生活まで見ることは出来ませんので、わかりません。また科学的な根拠もありません。それでも参考になるはずです。


記事や著書で読んだ実験・統計
 
こちらは実験や統計です。多くの人を対象にしての統計から傾向や効果を調べているものです。



記事や著書で読んだ個人改善例

光線などを使って個人の人の症状を改善させたりした例を著書などから拾い上げたものです。確たる証拠があるわけではありませんが、それなりの人たちの行なったものなので、事実と全く違うことを書いてるとは思えないのです。


光線療法を後世に残した名医たち

リンク集
光線療法ー知っておきたい陽性反応
「免疫力が高まってくることで一時的にあらわれる症状の主なもの」はコチラ
例えば赤ちゃん  /  例えば幼児  /  例えば子供  /  例えば高齢者  /  例えばカボチャ  /  例えばニワトリ
例えば囚人  /  例えば水  /  例えばストレス
ニュース
眼底検査で糖尿病や脳卒中を予測

瞳の奥にある網膜などの状態を見る「眼底検査」。目の疾患だけでなく、高血圧や糖尿病など全身疾患を発見するきっかけにもなることから、企業の健康診断などに取り入れられている。最近では、眼底検査が将来の病気の発症予測につながることを示唆する研究も出てきた。専門医は眼底検査の重要性を訴えている。(岸本佳子)  続きを見る

ニュース
緑色光で脳を活性化ーパーキンソン病の代替治療に期待

緑色光を使って脳神経細胞の活動を活性化させることに、東北大大学院生命科学研究科の八尾寛教授(脳機能解析学)らの研究グループが成功した。  続きを読む
ニュース
難治性の糖尿病性下腿潰瘍の治療に光線療法が有用

被験者の3/4が90日間で90-100%の治癒率
他の治療に反応しなかった糖尿病性下腿潰瘍の治癒が、光線療法(phototherapy)によって促進される可能性があるとの研究報告が、「Lasers in Surgery and Medicine」8月号に掲載された。   続きを読む
Copyright (C)  All Rights Reserved